読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ginka blog

創作サイトのネタblog

父の妻を子が娶る

古事記を読んでいてびっくりしたことに、天皇(大王)の子が、天皇亡きあと、その皇后(大后)を娶る、というのがあります。

所見の範囲では、子は次期天皇ではないようです。 *1

たとえば、

 

神武天皇の子、当芸志美美命(たぎしみみのみこと)は、神武天皇大后であった伊須気余理比売(いすけよりひめ)を妻にしています。

当芸志美美命の母は日向国生まれの娘。つまり当芸志美美命は日向時代の子。

伊須気余理比売は神武天皇が大和に入ったのちに娶った大后ですから、生まれた子が正当な次期皇位継承者となり、当芸志美美命は、次期天皇の「庶兄(まませ)」になります。

 

古事記には、「当芸志美美命、その大后伊須気余理比売に娶(あ)へる時に、その三柱の弟(おとみこ)たちを殺せむとして」とあるので、次期天皇綏靖天皇の即位まえ、伊須気余理比売は当芸志美美命の妻であったとかんがえられます。

 

ちなみに書紀には、この記述はありません。
おそらく、儒教的な倫理観の、義理であっても近親婚は忌むべきという立場から、排除したのでしょう(にしては、母のちがう兄弟姉妹間の婚姻はOKだった←あまりにフツーすぎてタブーという感覚がなかったもよう)

この風習、遊牧民族では氏族維持の観念から一般的だったようなので、古代日本でも北方系の習慣が根強くあったとおもわれます。

 

しかし、厳として「娶(あ)へるときに」と書いてあるので、もしかしたら、神武天皇の後継者は当芸志美美命だったのではないかという推測も成り立ちます。
力の強い年長の兄が、まだ若輩の弟を従えるというのは、ありそうな話です。

その後、大后の子だった綏靖天皇が反旗をひるがえして皇位を奪いとった、というのが素直な「読み」のような気がします。

 

*1:書紀にも「庶母を娶」った天皇がいました。開化天皇です。父の妃を自分の皇后にしています。よって、開化天皇の子崇神天皇は、その母が父の皇后であり、祖父の妃だったことになります。儒教的にアウトだったのか、記述は本文に小さく「庶母なり」とアッサリしています

広告を非表示にする