「なね汝が命」

フランス語で「mon amie(モナミ)」は、親愛の情を込めて相手を呼ぶ場合に使われるそうですが、似たような意味の言葉が古事記にもありました。

それが「なね」です(原文では「那泥」)

 

「な」は一人称代名詞、つまり「わたし」。

「ね」は親しみを表す接尾語。

 

前のエントリにも書いた、神武天皇の皇子(みこ)、神八井耳命とその弟神沼河耳命は、神武天皇崩御後、庶兄である当芸志美美命(たぎしみみのみこと)に殺されそうになってしまいます。

当芸志美美命の后になっていた母伊須気余理比売の機転によって、そのことを察知したふたりは、先手を取って当芸志美美命を殺そうとします。

そのとき、

神沼河耳命、その兄(いろせ)神八井耳命にまをしたまはく、「なね汝が命、兵(つはもの)を持ちて入りて、当芸志美美命を殺せたまへ」とまをしたまひき。

弟が兄に向かって、「兄上さま、お殺しなさいませ」と言うわけですね。

このあと、おじけづいた兄のほうは、当芸志美美命を殺すことができず、その様子を見かねた弟が結局当芸志美美命を殺すのですが。

 

古事記に「汝が命」と呼びかけている文はいくつもあれど、「なね汝が命」とあるのは(たぶん)ここだけなので、同母の兄弟の絆を想像しておもしろいとおもいます(^^)

 

この時代、父母は一緒の家に住んでいなかったため、異母兄弟は、兄弟というよりもいとこに近い間柄だったようです(わたしの想像ですが^^;)

 

この皇子たちの父である神武天皇も、仲の良い同母兄がいました。

しかし、その五瀬命は、東征の途中で敵の矢で受けた傷がもとで、亡くなってしまいます。

古事記や書紀は、皇位についた者の立場から書かれていますから実際のところはどうだかわかりませんが(神話・伝説ですし)、読んでいるだけでは、兄が弟のために命を投げ打っているようにみえます(^^;

 

 

広告を非表示にする